糖尿病に最適な制限食や食事・宅配食について

糖尿病の食事解説

女性に増えている脂肪肝も原因の1つ


糖尿病の方の死亡原因の1位は何だと思いますか?

 

それは、肝疾患といわれています。肝機能の異常を引き起こす原因は、免疫機能の異常、ウィルス感染など色々な原因がありますが、1番の原因は肝機能障害だといわれています。その中でも特に、脂肪肝です。

 

食事で糖質をとると、血液中のブドウ糖が増えて血糖値が上昇します。このときにすい臓がそれを感知すると、インスリンを分泌します。インスリンの作用とは、エネルギー源となるブドウ糖を、全身の細胞に送りこむ事なのですが、余ったブドウ糖は筋肉細胞や肝臓の細胞に送りこんで、グリコーゲンという物質に作りかえて蓄えています。

 

また、余ったブドウ糖は肝臓で中性脂肪に作りかえて蓄えられます。内臓の周辺に蓄えるのですが、これがメタボの原因といわれている内臓脂肪です。さらに余ったブドウ糖は、肝臓に脂肪として蓄えられます。これが脂肪肝です。

 

肝臓は体の中で、1番大きな臓器です。栄養分をさまざまな形に作りかえたり、有害物質を分解して処理するなど、500以上の働きをしているのです。さらに、栄養分を蓄えるという倉庫のような働きもしています。

 

どうして余分になったエネルギーを脂肪として蓄えているかというと、いざという時に備える大切な働きなのです。しかし、度を越えてしまうと大変な事になります。

 

肝臓の中に、脂肪が30%以上たまってしまうと、脂肪肝という病気と判断されます。脂肪肝は、糖質の取りすぎによって起こるのが原因で、他にはアルコールの飲みすぎでも発生します。

 

糖質の取りすぎによっておこるものを、非アルコール性脂肪肝(NAFLD)といいますが、非アルコール性脂肪肝のうち約1割が、非アルコール脂肪肝炎(NASH)を起こします。そのうちの約3割が肝硬変と進行します。そこからさらに、肝がんを発生する可能性があります。

 

・非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)

アルコールを飲まない人でも、糖尿病や肥満が原因で脂肪肝になります。それが重症化していくと、肝硬変や肝臓ガンになることがあります。このことを、非アルコール性脂肪性肝疾患といいます。

 

・非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)

アルコールを飲まない人でも、脂肪肝から肝炎になって肝硬変、肝臓ガンへと段々病状が進行していく事があります。このことを、非アルコール性脂肪性肝炎といいます。

 

 

脂肪肝と高血糖の関係

脂肪肝は糖尿病の重要な原因になります。脂肪肝になってしまうと、内臓脂肪も増えて血液中に遊離脂肪酸が増加します。そうすると、糖代謝を妨げられてしまいます。妨げられてしまうと、ブドウ糖を脂肪に作りかえる作業もとまってしまい、血液中のブドウ糖が増えて血糖が上昇します。

 

同時に、脂肪細胞から分泌されていたアディポネクチンという、インスリンの働きをよくしてくれる物質が減少してしまいます。それとは逆に、TNF-αというインスリンの働きを妨げる物質の分泌が高まります。

 

こうなると、インスリンの働きが悪くなるので、血糖値が高くなって糖尿病を引き起こしたり、悪化させてしまったりします。

 

メタボを防ぐためには、まず脂肪肝を予防する事が重要です。でも、急にダイエットをすると、ダイエットによる中性脂肪不足で、肝臓は脂肪を作って蓄えてしまい、脂肪肝になってしまう場合があります。

 

このような状態は、ダイエット脂肪肝や低栄養性脂肪肝と呼ばれています。急にダイエットをして急激に体重を落とそうとするのではなく、1ヶ月にたとえ1kgやせるだけでも、肝臓の脂肪は落とせると思っておきましょう。

 

1番重要な事は、脂肪肝に早く気づいて改善することです。肝臓は臓器の中で、とても重要な働きをします。なのでその能力に余裕があって、肝臓の7割以上が損傷されないと、自覚症状が出てこないのです。気づいた頃には、取り返しのつかないほど病気が進行している可能性があるので、沈黙の臓器と呼ばれています。

 

 

脂肪肝がきっかけに!?

脂肪肝を放置していると、そのあと肝炎を発症します。肝臓が炎症を起こしていると、右のみぞおち当たりに痛みを感じます。でもその痛みは、まだ鈍痛程度なので気づかない場合も多いのです。とくに急性肝炎の場合、痛みが長引かないのでそのままわからず、放置されることがあります。そこから慢性肝炎へと進行してしまいます。

 

炎症が慢性化すると、肝機能が著しく低下します。そうなると、だるさを感じたり、発熱、吐き気、食欲の低下などさまざまな症状が出てきます。

 

慢性肝炎は、症状が風邪にとても似ているので、自分で肝臓病と判断することはとても難しいです。またいつもの風邪だと思って病院にはいかず、市販薬を飲んで治そうとしてしまう人も多いです。

 

肝機能が低下すると肌や白目の部分が黄色く黄疸化してきます。親指の指先や付け根が赤くなるなど、風邪とは異なるいつもと違う症状も現れます。

 

体の調子が悪いと感じたら、まずは肌や目の色などをチェックしてみましょう。黄疸が出ているなどの症状が見られたら、早めに病院を受診しましょう。

 

 

糖尿病マメ知識

TOPへ戻る