糖尿病に最適な制限食や食事・宅配食について

糖尿病の食事解説

糖尿病とストレスの関係


多くの方が糖尿病の原因として考えるものといえば、偏った食事や運動不足ですよね?

しかし、いま糖尿病はストレスが原因で発症の可能性が高くなるのではないかと研究者の間で考えられています。

 

その理由には糖尿病の方の思考や行動と身体に影響を与えるホルモン作用にあります。

 

一般的にストレスが溜まるとお酒や過食が増え、やることなすことが面倒に感じ怠慢気味になりがちになることで糖尿病のリスクを上げると考えられています。

 

また、人の体はストレスを長時間感じると心身を守る為に坑ストレス作用のあるホルモンを分泌します。このホルモンが分泌され続けると血糖値が上がる為に糖尿病の発症や進行のリスクを上げます。

 

それでは、ストレスはどのような仕組みで糖尿病の発症を高めるのか詳しく解説していきます。

 

糖尿病発症を高めるコルチゾール

 

糖尿病は血糖値が高くなった状態が長期間継続することで発症します。

 

通常、人の体には血糖値を下げる働きがある「インスリン」といわれるホルモンが分泌されるのですが、ストレスにより増加した「コルチゾール」とよばれるホルモンがインスリンの働きを抑制してしまい血糖値が下がりにくくなる為、糖尿病の発症のリスクを高めてしまいます。

 

これは、コルチゾールに「インスリン抵抗性」という特徴がある為です。

 

また本来コルチゾールは筋肉や脂肪、肝臓などで栄養素の代謝を行う働きがあるホルモンで、主に体内に入った栄養素をグリコーゲンとよばれるものに変化させてエネルギーとして保存し必要に応じブドウ糖を作りだす働きをする大切なものなのですが、ストレスにより増加したコルチゾールは過剰に代謝を働かせる為、血液中にブドウ糖を増加させてしまうので血糖値が上がり、糖尿病へとつながります。

 

ストレスによるコルチゾールの増加

 

なぜこのコルチゾールがストレスによって増加するのか?

それは脳を守る為に脳に必要なエネルギーを補うためなのです。

 

脳は瞬間的な身の危険などのストレスを感じると交感神経系の働きでルノアドレナリンやアドレナリンを分泌して脳を守るのですが、このストレスが緩やかに長く、いわゆる慢性的に続いた時には脳のエネルギーを確保するためにコルチゾールが分泌され筋肉などに蓄えておいたグリコーゲンをブドウ糖(エネルギー)に変えるので血糖値が上がるのです。

 

またこのとき脳へのエネルギー補給を優先する為、エネルギーが筋肉に吸収されにくいようインスリンの結合を弱める為に、コルチゾールにインスリン抵抗性があると考えられています。

 

しかし、この血液中のブドウ糖(エネルギー)は全てが脳に消費されるわけではありません。

 

あまったブドウ糖(エネルギー)は最終的に脂肪へと流れ着いてしまいます。

これが肥満の原因にもなります。

 

ストレスによるコルチゾール増加を抑える

 

いかにストレスが糖尿病のリスクを高めるかは分かっていただけたと思います。

それではストレスによって増加したコルチゾールを抑える方法は無いのでしょうか?

 

「それは、ストレスを溜めないことです。」

 

そんなことは分かりきっている!という方もいるでしょう。

そこでストレスを溜め込まない方法をご紹介します。

 

まずは、ストレス発散の運動は適度にしましょう。

 

ストレス発散になると思い、運動を過剰におこなっては逆効果です。

極度の疲労はストレスとなりコルチゾールの分泌量が増えます。

 

20~30分の軽いジョギングやストレッチなどの有酸素運動がオススメです。

 

次にダイエットのためと食事制限に気をつけましょう。

 

糖尿病には食事制限も必要ですが、空腹状態を我慢するのはよくありません。

空腹時にはコルチゾールが分泌されやすくなります。また空腹が続くとストレスにもなります。

 

最後はビタミンCを摂りましょう。

ビタミンCにはコルチゾールの抑制効果があるといわれています。

また、ビタミンCには脂肪の分解や筋肉細胞の生成に効果があるとされていますので、

ピーマンやブロッコリーなどがオススメです。

 

まとめ

 

糖尿病の原因としてストレスがいかに関係しているのかを説明してきました。

 

要点をまとめると糖尿病は血糖値が高い状態が続くことで発症しますので、

血糖値を抑えなければなりません、しかし外的要因に慢性的なストレスがあります。

 

それはストレスから脳を守る為にコルチゾールとよばれるホルモンが分泌されることによりインスリンの働きが抑えあられ血液中のブドウ糖が多くなる為、血糖値が上がります。

その結果、糖尿病の発症リスクが上がってしまうということでした。

 

もちろんストレスだけが糖尿病の原因ではありませんが、ストレスを溜め込まないことが、糖尿病の発症を下げる可能性につながるといえます。

 

ストレスを上手くコントロールするには、悩みや不安を抱え込まず、だれかに相談してみるのも良いでしょう。

身近に相談相手がいない方は、カウンセラーを利用してみるのもオススメです。

 

あとは、リラックスできる空間や時間を見つけるといいですね。

アロマやスパなんかもリフレッシュできてオススメです。

 

ポジティブに物事を考えることができれば一番いいのですが、なかなか難しいですよね。

ストレスを溜め込まないように上手に工夫してコントロールしていきましょう。

 

 

糖尿病の原因

TOPへ戻る