糖尿病に最適な制限食や食事・宅配食について

糖尿病の食事解説

糖尿病性神経障害


糖尿病には三大合併症と呼ばれるものがあります。

 

三大合併症は、「細小血管症」ともよばれ、その名のとおり細小血管とよばれる毛細血管などの細い血管に障害が生じて起きる合併症です。

 

その原因は、糖尿病により血糖値が上がったままになると細小血管は代謝物などで詰まりなどを起こしボロボロになり、細小血管から栄養や酸素が細胞に行きわたらなくなったり、新生血管という非常に脆い新たな血管を生み出すことで出血が増えることで起きるといわれています。

 

そんな糖尿病の三大合併症のひとつ「糖尿病性神経障害」についてこちらで解説します。

糖尿性神経障害の症状

糖尿病性神経障害とは、高血糖により細小血管が障害を受けることで神経に栄養が行かず異常が起きることや「ソルビトール」とよばれる物質が神経細胞に蓄えらるため様々な症状が起きると考えられています。

 

同じ糖尿病の三大合併症の中で、もっとも発症が早いといわれています。

 

具体的な症状はこちらです。

 

  • 手足の指のしびれ、痛み
  • 顔面や外眼筋の麻痺
  • 立ちくらみ
  • 胃もたれ、便秘、下痢などの胃腸の異常
  • スムーズにおしっこが出なかったり、残尿感などの排尿困難
  • 勃起不全(ED)

 

これらの症状は末梢神経障害が起因とされてます。

末梢神経には「体性神経」「自律神経」の2つの神経に分けられます。

体性神経の障害

体性神経とは身体を動かす為の運動神経と熱や痛みなど触覚を感じる為の感覚神経のことをいいます。

 

抹消神経障害はこの感覚神経にまず現れます。

手足の指のしびれや、痛みはこの感覚神経に障害が生じることで発生してきます。

むず痒さなどを感じる方もいれば、感覚が鈍くなり火傷や怪我に気づかず患部が壊疽してしまった方もいます。

 

次に運動神経が障害を受け始めると、身体に力が入らなくなったり、筋肉が萎縮してしまいます。

また、顔面神経や目を動かす神経が麻痺をおこすと視力にも影響が出てきます。

 

自律神経の障害

自律神経は内臓や血管、分泌腺に張り巡らされた神経で交感神経や副交感神経を司ります。

自律神経が障害を受けると立ちくらみ、胃もたれ、便秘、下痢、排尿困難、勃起不全などの症状が現れます。

 

また、「無痛性心筋梗塞」と呼ばれる痛みを伴わない心筋梗塞や脈拍が固定化されたりなど様々な症状が起きていても気づくことが出来ずに悪化する可能性も出てきます。

糖尿病性神経障害の対処方法

糖尿病性神経障害は対処が早ければ、改善できる可能性があります。

 

定期健診を受けることで症状の進行を食い止めましょう。

 

もしも糖尿病性神経障害と診断された場合に注意しておきたい4つのことがあります。

 

  1. 手足を毎日チェックしましょう
    • 傷や異変がないかチェックしましょう。もし、異変を感じたらお医者さんに見てもらいましょう。特に足は要注意です!水虫などを放置したままだと化膿して患部が壊死する危険もあります。
  2. 爪は伸びたままにしない
    • 爪はこまめに切りましょう。伸びたままになっていると雑菌などが溜まり安いので気をつけてください。また、爪きりで指を傷つけないようにも注意しましょう。
  3. 靴はしっかりと自分に合ったものを履きましょう
    • 大きすぎると靴擦れしたり、小さすぎても足の指を痛めやすいので注意です。大きな靴屋さんで足の形やサイズを測ってもらうのも良い方法です。
  4.  お風呂の温度や湯たんぽ、こたつなどに注意する
    • 熱を発するものには気をつけましょう。やけどや低温やけどの危険があります。皮膚が赤くなっていたら要注意です。お医者さんに見てもらってください。

 

以上のことには特に気をつけましょう。

 

また、糖尿病の改善には運動が欠かせないのですが、糖尿病性神経障害が出ている場合はお医者様に運動内容を相談することも大切です。

糖尿病性神経障害の基本的な治療方法

糖尿病性神経障害の治療には、神経障害の有効とされる薬での治療方法があります。

 

神経障害の原因と考えられているソルビトールの生成を抑制する「アルドース還元酵素阻害薬」とよばれるものの投薬療法や、神経に十分な栄養と酸素を送るために血流を良くする薬を使った治療があります。

 

しかし、糖尿病の合併症として起きる軽度の神経障害の治療には、高血糖を正常に戻すためにインスリンの投薬療法が食事療法や運動療法が使われることがあります。

 

生活習慣の改善が一番の治療方法ですので、お酒やタバコは控えバランスの取れた食事と適度な運動を心がけましょう。

まとめ

糖尿病の三大合併症のなかでも一番早く発症するといわれる神経障害、これは高血糖により血流が悪くなり神経細胞が以上をきたすことで起きます。

 

神経障害には痛覚や触覚の異常や内臓の異常が起こります。なかでも危険なのは痛覚などが鈍くなる症状で気づかないうちに怪我などが悪化してしまうので注意が必要です。

 

神経障害に有効とされる投薬療法もありますが、一番効果的なのは糖尿病性神経障害の早期発見と血糖値のコントロールによる改善です。

 

糖尿病の予防の為にも普段から正しい生活習慣をしましょう。
 

 

糖尿病の合併症

TOPへ戻る