糖尿病に最適な制限食や食事・宅配食について

糖尿病の食事解説

糖尿病性網膜症


血糖値が高くなり起こる糖尿病。

 

糖尿病になると合併症が起き、さまざまな症状が現れます。

そのなかでも「三大合併症」とよばれるものがあります。

 

三大合併症の特徴は血糖値が高い状態が長く続くことで微小血管に異常がおき、

組織に栄養が正常に行き渡らなくなることで発症するというところにあります。

 

こちらでは、三大合併症のひとつ「糖尿病性網膜症」についてお話していきます。

糖尿病による網膜への影響

網膜は眼球内にある組織で、目に入る光(映像)を電気信号へと置き換えて脳に伝達する働きがあり、人が「物を見る」ために重要な役割を担っています。

 

この網膜には光の刺激を感じ取る為に無数の神経細胞が存在しています。

 

そのため細小血管がすみずみに張り巡らされているのですが、糖尿病により血糖値が高いままの状態が続くと微小血管は障害をうけてしまい、網膜の細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいます。

 

これにより酸素欠乏状態になった網膜は、新たに血管を作らせます。

この新しくできた血管を「新生血管」とよびますが、この新生血管は通常の血管とは違いもろくすぐに出血を起こしてしまいます。

 

この出血により目の機能が障害をきたし、網膜はく離などが起き最悪の場合失明することもあります。

糖尿病性網膜症の段階症状

日本では、糖尿病によって起きる合併症の糖尿病性網膜症は緑内障に次ぐ失明する人数が多いといわれています。

 

これは糖尿病性網膜症は初期段階では自覚症状がうすい為、発見、治療が遅くなる為だと考えられます。

網膜はく離などを引き起こす前に早期発見・早期治療が必要な為、糖尿病と診断された場合は念のために眼科で受診することをオススメします。

 

それでは、早期発見のためにも糖尿病性網膜症の進行と症状を解説します。

 

糖尿病性網膜症は進行状況により3つに分類されます。

 

  1. 単純型網膜症
  2. 前増殖型網膜症
  3. 増殖型網膜症

 

初期・中期・後期と3段階に分けられた糖尿病性網膜症について

それぞれどのような症状があるのでしょうか?

1.単純型網膜症

糖尿病性網膜症の初期で、自覚症状はほとんど感じません。

この段階では血管が腫れ上がるように盛り上がる「血管瘤」とよばれるものができ、ところどころ小さい出血も見られるようになります。

単純型はまだ血糖値を調整することで改善する余地があります。

2.前増殖型網膜症

糖尿病性網膜症の中期といわれ、血管瘤が増え網膜の血管がどんどんつまると網膜への酸素や栄養が行き渡らなくなる為、新生血管が出来てきて出血の危険性が高くなります。

この段階でも、まだ自覚症状を感じにくいのですが、中には目のかすみなどの眼精疲労のような症状を感じる方もいるようです。

3.増殖型網膜症

糖尿病性網膜症の後期、痛みなどはありませんが、視野に自覚症状を感じる重篤な段階です。

 

新生血管が増え、硝子体にも出血が見られるようになるとシワや陰のような濁りが生まれ飛蚊症を引き起こします。

 

さらに視力の低下や視野の欠損が生じることもあります。

これは網膜はく離の恐れがありすぐに手術が必要になります。

 

早期発見早期治療を施さないと失明の可能性もありますので注意が必要です。

糖尿病性網膜症の治療方法

糖尿病性網膜症は初期段階の単純型であれば、インスリンの投与などの糖尿病治療により血糖値改善で治る可能性もあります。

 

しかし、中期を過ぎると新生血管の出血をとめる為に「光凝固法」とよばれる方法での手術が施されます。

 

光凝固法(網膜光凝固術)とは、レーザー治療のことで、広がる新生血管や出血をとめる為にレーザーで網膜の細胞を焼き付ける手術です。

早期治療ができれば網膜はく離やその先の失明を防ぐのに効果が高いといわれています。

 

もしも、発見の遅れなどで症状が悪化し、硝子体の出血や網膜はく離が起きてしまった場合は、「硝子体手術」が施されることがあります。

 

硝子体手術とは、眼球内に手術用の液体を流し圧力(眼圧)を維持しながら吸引カッターとよばれる器具で硝子体の出血を吸い取ったり、剥がれた部分を治療していきます。

まとめ

これまで解説してきました糖尿病の恐ろしい合併症のひとつ糖尿病性網膜症。

 

糖尿病の三大合併症のひとつにも数えられているだけあり、失明などの危険性がある恐ろしいものです。

 

その原因は、高血糖によって目の網膜の血管が異常をきたすことで起きます。

高血糖を抑えるためにも糖尿病の予防や改善をしっかり行いましょう。

 

もしも、糖尿病と診断されたら念のため眼科で受診することをオススメします。

 

糖尿病性網膜症は早期発見することで悪化を防ぐ方法があります。

 

しかし光凝固法や硝子体手術はあくまで症状の悪化を防ぐもので、網膜はく離などで落ちてしまった視力や欠けてしまった視野は元には戻りません。発見が早ければ早いほど進行を抑えることが出来ますので定期健診を受けるのも良いでしょう。

 

最後に糖尿病は食事や運動に気をつけておくことで未然に防げます。

ご心配の方は生活習慣を見直してみましょう。

 

 

糖尿病の合併症

TOPへ戻る