糖尿病に最適な制限食や食事・宅配食について

糖尿病の食事解説

糖尿病性腎症


糖尿病には三大合併症と呼ばれるものがあります。

 

その中の1つ糖尿病性腎症は、その名が示すとおり腎臓への合併症になります。

 

糖尿病性腎症は、糖尿病による高血糖状態が持続することにより、

腎臓のフィルター機能が損なわれ正常に尿を生成することが出来なくなり、

血液内の老廃物が対外へ排出されなくなっていく合併症です。

そして最終的には腎不全などの命に関わる重篤な症状へ繋がる病気です。

 

そんな糖尿病の三大合併症のひとつ「糖尿病性腎症」についてこちらで解説します。

糖尿病性腎症を発症するメカニズム

糖尿病性腎症は、糖尿病によって血液が高血糖状態が持続することで発生する合併症です。

 

腎臓は、血液中の不純物をろ過し、尿へと変えて体外へ排出する役目を担っています。

そこで重要になってくるのは、ろ過工程におけるフィルター機能になります。

 

血液は、酸素や栄養素を各細胞へ運び、代わりに不要となった老廃物(不純物)を受け取ります。

そして、この老廃物を今度は腎臓まで運んでいきます。

腎臓まで運ばれた老廃物は、腎臓のフィルターによってろ過され、

腎臓を通過した血液は、老廃物を含まない正常な血液に戻るという循環をしています。

 

腎臓はフィルターでこした老廃物を尿へと変換し体外へ排出する仕事をしています。

これによって、血液は正常な状態で保たれます。

 

例えば、ビタミン系のドリンクを飲んだ後、おしっこが黄色くなったり、

薬を服用後、尿から薬品のニオイがしたりするのも、

血液によって運ばれ必要量を使われた後は、不要なものとして腎臓でろ過され、

体外へ排出されるためです。

 

しかし、糖尿病によって高血糖状態が続き、血液がドロドロの状態が続くと、

腎臓のフィルターに余計な負荷がかかったり、フィルター付近が動脈硬化状態になります。

そうなると、フィルターは少しずつ破れていき、本来体外へ排出しなければならない老廃物を

正常にろ過できなくなっていくのです。

 

正常にろ過されないと、本来体によくない老廃物がずっと血液中に循環し続けることになります。

 

この症状が悪化すると、やがて自力で体外へ老廃物を排出することが出来なくなり、

糖尿病を元とした腎症をわずらい、人工透析などが必要になってしまうのです。

糖尿病性腎症の兆候を見逃さないために出来ること

糖尿病にならないことが第一ですが、

糖尿病の治療中に合併症の兆候を見逃さないことが大切です。

特に糖尿病性腎症は、自覚症状が出にくく気がついたときには悪化していることが多いためです。

 

しかし、兆候としては「尿たんぱく」があげられます。

尿検査において検査に引っかかるたんぱく質が混ざることは、普通ならありません。

それが混ざるっている状態は腎臓のフィルター機能が弱っている兆候として捉えることができます。

糖尿病性であれば、同時に血液検査を行えば血糖値が高い数値を示すと考えられます。

 

1度の検査だけでなく複数回の尿検査で引っかかるようであれば、

糖尿病性腎症の疑いが高いといえるでしょう。

 

早期発見は、悪化させないための第一歩です。

糖尿病の治療を続け、改善を確認する意味でも定期的な検査を受けることが、

兆候を見つけるための最善の方法と言えるでしょう。

糖尿病性腎症にならないために

糖尿病性腎症を発病しないために出来ること。

それは血糖値が高い時点で、糖尿病の改善のためにアクションを起こすことです。

なぜならば、糖尿病性腎症自体を治療する確たる方法が確立されていないためです。

 

そのため、糖尿病の合併症である糖尿病性腎症を患ってしまうと、

その軽度重度に関わらず生涯かけて付き合っていく必要が出てくるかもしれません。

 

そうならないためにも、根本である糖尿病の改善や、

生活習慣の見直し、定期的な検査など日々の積み重ねが重要になってきます。

 

1型、2型問わず糖尿病は自身の努力で改善出来る部分がある病気だと考えます。

食生活を見直すのもその一つでしょう。

厳しい合併症を併発しないためにも、自身の体と向き合いしっかりと療養することが大切です。

 

 

糖尿病の合併症

TOPへ戻る