糖尿病に最適な制限食や食事・宅配食について

糖尿病の食事解説

薬物療法とは


糖尿病における薬物療法とは、食事療法と運動療法だけでは十分な血糖値コントロールが出来ない患者さんに対して行われる療法です。糖尿病の治療においては食事療法と運動療法が基本とされており、薬物療法は補助療法という位置づけになります。

 

薬物療法は補助療法ですので、薬物療法によって薬が処方されたとしても、食事療法や運動療法は続けていくのが一般的です。また、続けていくことによって処方される薬の効果がしっかりと発揮されるため、二つを継続していくことは重要です。

 

また、糖尿病には、1型と2型が存在しており、1型の糖尿病の方については薬物療法(インスリン注射)が必須です。これは、1型の糖尿病の方は機能としてインスリンの分泌がほんのわずかしかできないためです。

糖尿病の薬物療法の薬について

糖尿病の薬物療法では、経口血糖降下薬とインスリン注射の二種類が主に使用されます。

どの種類のどんな薬を使用するかは医師の判断になりますが、必ず医師から言われたとおりに使用・服用することが大切です。また、薬物療法だけでなく、継続的に運動療法・食事療法を行い薬の効き目をあげていくことが重要になってきます。

経口血糖降下薬

主に2型糖尿病の方に用いられます。2型糖尿病は進行させなければ食事療法と運動療法だけですむ場合もあり、薬物療法が始まったからといってもその後の努力で薬物療法がなくなる場合もあります。

 

血糖値をコントロールするためには、インスリンの分泌量が正常であることと、分泌されたインスリンがしっかりと作用することが重要です。経口血糖降下薬は、この分泌量と作用を改善し血糖値を正常に低下させるための経口薬(服用して摂取する薬)になります。

 

経口血糖降下薬には様々な種類があり糖尿病のそれぞれの症状に合わせて処方されます。

例えば以下のような薬が存在します。

    • インスリンの分泌を促進する薬
    • インスリンの作用を高める薬
    • 糖を阻害する薬
    • 消化吸収を穏やかにする薬

このような薬をそれぞれの糖尿病の症状に応じて処方されます。

 

経口薬は、うっかり飲み忘れてしまったり、食前用のものを食後に誤って飲んでしまったりということが比較的起こりやすい薬になります。しかし糖尿病はその「食事」が体に大きく影響する病気です。そのため、自分の体を健康にするために「薬を飲み忘れない」ということが非常に大切です。

インスリン注射

主に1型糖尿病の方に用いられます。不足しているインスリンを対外から注射によって補給し、血糖値の低下を促す薬になります。1型糖尿病ではほぼ必須の薬と言われています。2型糖尿病の方には症状に合わせて使用が指示される場合がありますが、多くの場合経口血糖降下薬が用いられ、インスリン注射を必要とする場合は症状が重篤になっていることが多いです。

 

インスリン注射は、作用時間によって使用タイミングと投与方法などに違いがあります。

    • 超速効型
    • 速効型
    • 中間型
    • 混合型
    • 特効型

どれを使用するかは症状の度合いやライフスタイルなど様々のことを考慮し、医師が最適なものを処方します。必ず医師の指示に従って使用するようにしてください。

 

近年、医療はどんどん進化を重ねており、私たちがイメージするような注射ではなくもっと手軽に糖尿病を患った方が注射できるようにインスリン注射は改良されてきています。そのため、イメージ以上に簡単に痛みも少なくインスリンを投与することが可能になってきています。

 

この医療の進化による改良は、1型糖尿病(インスリン注射をほぼ必須とする方)にとってはとてもよいことです。しかし、2型糖尿病を患った際にインスリン注射が楽になったからと甘えてしまってはいけません。

 

必要なときに、必要な分だけ薬物療法をするのはとても大切なことですが、一番は薬物療法を必要とせず食事療法や運動療法によって病気そのものを改善することになります。

薬物療法中に注意しなければならない低血糖

経口血糖降下薬やインスリン注射は、共に血糖値のコントロールを行うことを主な目的としている薬です。上昇し、高い値が持続するのを抑制し血糖値を下げる効果があります。

 

そのため、症状が改善し始めたときや、薬の服用量、使用タイミングを間違えたときなど本来以上の薬効がでたり、必要以上に血糖をさげてしまい、低血糖が起こる場合があります。

 

低血糖が起きると、震えや冷や汗、眠気やだるさ、激しい動悸やひどいときには意識混濁の症状が出ます。

 

低血糖が起きてしまった場合は、すぐに糖分を補給する必要があります。

糖分を多く含んだジュースや角砂糖など、とにかく糖分を摂取する必要があります。

 

また、薬の種類によっては砂糖では改善が遅れる場合があります。その場合は、ブドウ糖を効率よく摂取できるジュースなどを利用する必要があります。

 

いずれの場合においても、糖尿病の副次的な症状として低血糖がありますので、薬物療法を行う際には、低血糖が発生した場合にどのように対処すればよいのかを医師に確認しておき、常に備えておくことが重要になるでしょう。

糖尿病の薬物療法は、最終手段

1型糖尿病の方がインスリン注射を必要とすることは仕方のないことです。必要に応じて適切に摂取することがとても大切になってきます。

 

しかし、2型糖尿病の方の薬物療法に関しては、改善の余地があります。

2型糖尿病であると診断された場合、薬物療法を考えるのではなく食事療法や運動療法をしっかりと行い、薬物療法に頼ることなく改善への道筋をたてることが望ましいです。

 

薬は悪ではありません。必要なときに用法、用量を正しく守って使用する分には、私たちを助ける力強いパートナーです。しかし、そのパートナーになるべく頼らなくてすむように努力していくことが大切です。
 

 

糖尿病の治療法

TOPへ戻る