糖尿病に最適な制限食や食事・宅配食について

糖尿病の食事解説

1型糖尿病について


糖尿病には、大きく分類して、二つの種類があります。

今回は、その中でも、1型糖尿病について説明していきます。

1型糖尿病とは

1型糖尿病とは、インスリンを作る膵臓(すい臓)のβ細胞が壊れてしまうことで発症する糖尿病です。

 

自身でインスリンを作り出すことが難しく、作り出せたとしてもごくわずかになってしまうため、体外からのインスリン補給が必須になる糖尿病です。インスリンの補給にはインスリン注射を用います。

 

幼少期から発症する糖尿病の多くはこの1型糖尿病である場合が多いです。

 

しかし、近年はあらゆる年齢層で発症する可能性があります。

また、ある日突然発症するといった傾向があります。

 

β細胞が壊れる要因として、多くは免疫系の異常により自分の体を自分で攻撃してしまう自己免疫によるものと考えられています。正式な原因は現在も不明で、予防することはできません。WHOや各種専門機関が今も原因について調査しているというのが現状です。

 

1型糖尿病には、遺伝素因(親から子へ遺伝する)が存在しますが、実際に遺伝することはほとんどありません。したがって、自分が1型糖尿病だからといって、子供が1型糖尿病になるという心配をする必要はほとんどないとされています。

 

日本人の糖尿病の90%~95%以上が2型糖尿病であり、遺伝よりも生活習慣やライフスタイルの変化による肥満や運動不足が原因の大部分をしめているためです。逆に1型糖尿病の場合、肥満とは関係なく生活習慣も影響していないと考えられています。

 

1型糖尿病を患う確率は1割もなく、かつその上で遺伝によるものはもっと少ないと言えるでしょう。

1型糖尿病の治療について

1型糖尿病は、性質上自身の体内でインスリンを作り出すことが難しいため、薬物療法によるインシュリン注射が不可欠になります。ただし、これは高血糖状態を正常に戻すための対策としての療法であり、インスリン注射を打っておけば1型糖尿病が完治するといったことはありません。

 

1型糖尿病では、インスリンを作り出す膵臓の機能そのものが働いていない状態であるため、インスリン注射は「日常生活をおくるための必要な対策」です。治療としては、主に外科的な内容で次のようなものがあります。

    • 膵臓移植
    • ランゲルハンス島β細胞の移植
    • iPS細胞

膵臓移植(すい臓移植)

膵臓移植は多くの場合腎臓移植と同時に行われる1型糖尿病に対する移植手術です。

以前は、親族などからの生体移植手術がメインでしたが、昨今はドナーからの移植がメインになっています。

 

β細胞が壊れた膵臓を、正常に働く膵臓と移植する手術になります。

 

移植手術の結果として、インスリンが正常に分泌されるようになるため、1型糖尿病の治療方法として挙げられます。

ランゲルハンス島β細胞の移植

1型糖尿病は、膵臓のβ細胞が破壊されていることで発症します。

 

そkで、膵臓にある膵島(ランゲルハンス島)を移植することで、インスリンが分泌されるようになります。

 

ランゲルハンス島は、膵臓内で島のように見えることから、同名の学者によって発見されたことに由来します。

 

ランゲルハンス島のβ細胞移植は、移植手術として効果が認められていますが、同様に手術に対する難度が高いことでも知られています。そのため、膵臓自体を移植する膵臓移植手術に比べ、認知度や手術の成功確率等が低く(50%程度と言われている)まだ実施例を増やしながら研究が進められている手術になります。

 

患者数に対して移植する臓器が不足しているのが膵臓移植の現状ですので、現在膵臓移植に変わるもっとも有効な手段として活発に研究されています。

iPS細胞

iPS細胞は今もっとも医療の現場で研究されているものの1つです。

 

iPS細胞とは、人の皮膚などの細胞に遺伝子を入れ人工的に作り出した人口多機能性幹細胞のことです。万能細胞とも言われておりどんな細胞にもなることができるとして今現在の研究が進められています。

 

iPS細胞はどんな細胞にもなることが可能であることから、破壊されてしまったβ細胞をiPS細胞で新たに作り出す再生医療として糖尿病の分野では研究が進められています。

 

ips細胞の人への施術としては、目の手術で使用された例はありますが、まだまだ治験が足りておらず研究もまだまだ発展中であると言えます。しかし、他の移植手術と異なり再生医療として新たに作り出すことが可能になるため今後大きく発展していくと考えられています。

1型糖尿病になっても未来は明るい

上述のとおり移植手術や再生医療など多方面から研究が進められています。

 

そもそも1型糖尿病と言っても、現在のインスリン注射を定期的に行う必要があることや、低血糖に気をつける必要がある以外は自助努力によって進行を抑え日常生活が可能な病気です。

 

そう遠くない将来、β細胞の再生医療が進み、インスリン注射を必要としない時代がくるのではないでしょうか?

それまでの間、しっかり薬物療法、食事療法、運動療法を続けていくことが大切です。

 

 

糖尿病の種類

TOPへ戻る